専修学校・各種学校とは

専修学校とは

専修学校は、昭和51年に新しい学校制度として創設されました。

学校教育法の中で専修学校は、「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、又は教養の向上を図る」ことを目的とする学校であるとされ、実践的な職業教育、専門的な技術教育を行う教育機関として、多岐にわたる分野でスペシャリストを育成しています。

専修学校には、入学資格の違いにより、3つの課程があります。

専修学校の3つの課程

専修学校は、授業時数・教員数や施設・設備などの一定の基準を
満たしている場合に、都道府県知事の認可を受けて設置されます。

専修学校・各種学校の位置付け

専修学校・各種学校位置付け
専門学校(専門課程) 高度専門士 専門士
高等専修学校(高等課程)
一般課程
各種学校

※「専門学校」「高等専修学校」「一般課程」「各種学校」をクリックすると、
それぞれの詳細ページへリンクします。